tel/fax.096-352-1648

タイトル

いつも当店をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
代表の平林です。今年も残るところあと少しですね。
本年も1年間変わらぬご愛顧を頂きまして、本当にありがとうございました。

2017年で黒亭は創業60周年を迎えました。
祖父母が1957年に開業した時は素人同然で、
先輩の「こむらさき」さんにラーメン作りを一から教えて頂き、
多くのお客様に育てて頂いたと聞いています。
祖母の人柄、我慢強さ、根気強さ、
またお店を守るという執念のおかげで
黒亭はたくさんのお客様にお越しいただけるお店になったと思います。
家族の中でも紆余曲折あり、
50年目を迎えるちょっと前に、私の代に代わりました。

今日まで、お店を続けて来れたのは、
お客様からのご愛顧とご指導のお陰に他なりません。
60周年を迎えることができたこと、ここまで支えて頂いたことに、
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

そして私自身は3代目としての決意を新たにしています。
一番は、ラーメンの味についてです。
創業者は日々頂くお客様からのご意見を、
何度も何度も味に反映させながら、
自分の納得のいくラーメンを追究していきました。

これまで様々な試行錯誤をして参りましたが、
その姿勢はこれからも絶対に必要なもので、
当たり前に続けていくべき事なのだと思っています。

今は店内のお客様アンケートや当店のメール、
SNS、食べログなどお客様とのコミュニケーションの場が沢山あり、
一つ一つを見て一喜一憂しておりますが、
厳しいお声であっても、改善の第一歩とらえ、
お客様の思いに心を重ね謙虚に受け止めて参りたいと思います。

ただ、そんな中でも忘れてはいけないのは、
黒亭のラーメンはこうだ、こうありたい、
という私自身の信念を貫くことです。
それは、スープや麺や焦がしにんにくやチャーシュー、
全ての中にありますが、お客様には、言葉以上に食べると自然に
伝わるようなクオリティのものを目指しています。

追究すればするほどに、もっともっと、
美味しくすることが出来るはずだという確信が深まり、
私の原動力になっています。
これからも試行錯誤を続けていくことになります。
ぜひ温かく見守っていただけると大変ありがたく思います。

また、今年は2号店である下通店をオープン致しました。
60年目でやっと2店舗目。
下通店のオープンは、すごく大きなチャレンジでした。

今は祖父母が生活のためにスタートした「黒亭」を100年続く企業にすることを目指しています。
あと40年もあり、私自身はその時80歳になっています。
40年後の未来を考えれば、今創業60年の老舗と言われるお店であっても、お客様・社員・社会のためにチャレンジをし続けなければいけないと思います。

お客様アンケートやメールで「黒亭は何を目指してるのか?」とご質問を頂くことが時々あります。
色んな新しい取り組みを見て、そう思われているのかなと思います。
時代の流れやお客様の様々なご要望に合わせ、
また自分なりの考えもあり、色々なチャレンジを繰り返していますので、
昔の黒亭から全てが変わってしまったように見える時もあるのかもしれません。

「40年後の未来も、皆様に喜ばれるお店と商品づくりをしたい」
これだけは、これまで同様、ずっと変わらない想いです。

これからも、黒亭のラーメンを気軽に楽しんで頂ければ嬉しいです。

皆様にはこれまでと変わらぬご愛顧を賜りますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年12月13日
有限会社黒亭 代表取締役社長
平林京子


1